Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Recommend
New Entries
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ダイエット効果以外にも!
0
     リンゴが健康に良い8つの理由「頭をよくする」「肺機能が高まる」

    リンゴダイエットなるものが、一時期大流行したのも皆さんの記憶に新しいかと思います。しかし、リンゴには、ダイエット効果だけでなく、本当に健康によい効能をもつ優れた食品。「1日1個のリンゴで医者いらず」ということわざもあるぐらいです。なぜリンゴが健康に良いのか、その理由をご紹介しましょう。

    【「リンゴ酢美容」の驚くべき効果】

    1.コレステロール値を改善
    中くらいのリンゴ1つには4gの食物繊維が含まれる。その繊維にはペクチンと呼ばれる水溶性食物繊維があり、これがコレステロールを下げてくれる。

    2.満腹感が持続する
    リンゴに豊富に含まれる食物繊維は、砂糖や小麦粉といった精製された穀物より消化に時間がかかる。そのため、満腹感が持続。しかも低カロリーというおまけ付き。

    3.ダイエット効果がある
    リンゴの皮に含まれるウルソル酸には、肥満を回避する働きがある。ウルソル酸が、カロリー消費を促進し、筋肉と褐色脂肪の生産を促してくれる。ダイエット効果を最大限とするためにリンゴは皮ごと食べるのがベスト!

    4.肺機能を高める
    1週間に5個以上のリンゴを食べると、肺機能が高まるという。皮に含まれる抗酸化物質であるケルセチンによる効果だと言われている。リンゴをたくさん食べる女性の子どもはぜん息になるリスクが低いとの研究結果も。

    5.風邪予防
    リンゴには免疫機能を高めるビタミンCが豊富に含まれる。中くらいのリンゴ1個には8gのビタミンCが含まれ、1日の必要摂取量の14%に当たる。

    6.がん予防
    リンゴには、大腸、肝臓、乳がん予防に有効なトリペルノイドという物質が含まれていると研究で報告されている。

    7.糖尿病を予防
    リンゴには、ナシやブルーベリーと同様に、2型糖尿病の予防に役立つ成分が含まれる。赤、紫、青の野菜やくだものに含まれる抗酸化物質であるアントシアニンの効果。

    8.頭をよくする
    リンゴには、脳の神経伝達物質を活性化させる働きがあり、それが記憶力の向上とアルツハイマーの予防にも有効だという。


    ※当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。

    posted by: momorara9 | - | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://beauty.saku.pecori.jp/trackback/28
    トラックバック