Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Recommend
New Entries
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「産めるカラダ」を保つピルの服用方法
0
     「ピル=避妊薬」と考える方が多いかもしれませんが、ピルは避妊だけではなく、生理痛やPMS(月経前症候群)、肌トラブルの改善、出産回数が少ない現代女性の身体を守るなどの目的でも優れた副効用を発揮します。知っているようで知らないピル(低用量経口避妊薬:通称OC)について、一緒に考えていきましょう。

    ■ 身体のホルモン量を調節するピルの働き

    ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれており、身体の中にあるこれら2種類のホルモンの量を調節します。ピルを正しく服用することにより、ほぼ100%の避妊効果を得ることができるほか、生理痛や子宮内膜症などの症状緩和に効果を発揮します。ピルには21錠タイプと28錠タイプがあり、どちらも有効成分が入っているのは21日分だけ。服用を休んでいる、あるいは有効成分の入っていない錠剤を飲んでいる7日間の間に軽い生理があります。保険適用のピルは、「ルナベル」と「ヤーズ」の2種類。どちらも、生理痛や子宮内膜症などの治療薬として処方されています。

    ■ ピルの服用が効果的な3つのお悩み

    ◎ その1:生理不順、生理痛、PMS(月経前症候群)が激しい

    ピルを服用すると、生理が規則的に訪れるようになります。また、生理の痛みや生理前の不快な症状から解放されるのも嬉しいポイント。体調とメンタルの両方が安定するので、辛い思いをしている人は一度ピルを試してみることをオススメします。

    ◎ その2:避妊を確実にして、産めるカラダを保ちたい

    ピルは、毎日1回、同じ時間に服用することで、ほぼ100%の避妊効果を得ることができます。また、服用を止めれば自然に妊娠が可能。ピルの服用によって妊娠しにくくなるということはありません。ピルを服用することで卵巣を休ませてあげることは、望むときに妊娠しやすい"産めるカラダ"を保つという意味でも大きな効用があります。現代女性は、生涯に400回も排卵すると言われています。昔の女性が40回前後ということを考えれば、いかに今の女性が卵巣を酷使しているかが分かりますね。

    ◎ その3:ニキビなどの肌トラブルを改善し、美肌になりたい

    ニキビには黄体ホルモンの存在が大きく影響しています。生理前になると黄体ホルモンの量が上昇し、皮脂分泌を活発化させるのでニキビができやすくなります。ピルは黄体ホルモンの働きを抑えるため、肌トラブルを改善する効果が期待できます。

    ■ 気になる副作用は?

    ピルを服用することで生じるマイナートラブルには、吐き気や胸の張り、むくみ、胸やけ、頭痛、下腹部痛などがあります。これらは1度生理が来ると治まることが多いので、あまり深刻に考えなくても大丈夫でしょう。ただ、煙草を吸う人がピルを服用すると、血栓症などのリスクが高まることは確かです。ピルを服用するには、禁煙が必須です。また、乳がんの発症率が高まるという俗説は、イギリスの研究でピルとの相関関係は無いことが証明されています。逆に、子宮体がんや卵巣がんについては、ピルを飲むことで発症リスクが低くなると発表されています。

    ■ おわりに

    キャリアアップの時期と出産適齢期が重なる現代女性にとって、ピルは強い味方です。一度婦人科に相談してみてはいかがでしょうか?また、婦人科の「かかりつけ医」を持つことも、女性の人生に必須のこと。ぜひ信頼できる「かかりつけ医」を見つけてください。


    (著:Woman type 編集:nanapi編集部 写真:PresenPic)

    なるほど、参考になりますね。
    posted by: momorara9 | - | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://beauty.saku.pecori.jp/trackback/27
    トラックバック